ひなちゃんパパの家族レシピ

しゃきしゃきした食感は、しょうゆとの相性抜群 セロリとじゃこのふりかけ

セロリとじゃこのふりかけ
セロリとじゃこのふりかけ

「いろいろなふりかけがあるんですねぇ」

買い物の途中に足を止めて、ひなちゃんがつぶやきました。棚にずらりと並ぶ商品のバリエーションの多さに、僕もびっくり。

すると、「ふりかけを手作りしてみるのはいかが? 自家製なら具材も味付けも思いのままよ」と、江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が勧めてくれました。

どんなふりかけがいいかな。ひなちゃんにはカルシウムなどの栄養が取れるものがいいな。ママは? 「野菜不足が少しでも解消できたらうれしいわ」。僕はご飯に合う和風味をリクエスト。江上先生はセロリとちりめんじゃこを使い、しょうゆで味付けする和風ふりかけを提案してくれました。

まずは、セロリの茎の表面にある出っ張った筋を取ります。茎の切り口に包丁を当てて、刃で筋を持ち上げて葉の方へゆっくりとはがすように取りました。茎の幅が大きかったので縦半分に切って斜め薄切りに。葉は枝2本分を細かく切りました。

江上先生が、「残った葉は刻んで冷凍しておくと薬味に重宝するわ」と教えてくれました。

ゴマ油で茎を炒め、しんなりしたらしょうゆ、みりんで味付けします。しょうゆのいい香りが立ったところでちりめんじゃこ、削り節、葉を加え、混ぜたら出来上がり。早速、ご飯にのせていただきます。