アメリカを読む

トランプ大統領にお膝元から弱腰批判! 強硬派は何に憤慨しているのか?

 またジョーダン氏はオバマケアが補助金などの財源確保のために導入した増税が即時に撤廃されないことも批判。「民主党のオバマ氏のもとに送った法案で即時撤廃を決めていたのに、共和党のトランプ氏に送る法案では即時撤廃を求めないのか?」と憤る。

 一方、共和党指導部は今回の関連法案の売り込みに懸命だ。ライアン下院議長は9日、共和党としての改案の内容を説明するため、ワイシャツ姿でグラフや図表を駆使したプレゼンテーション形式の記者会見を実施。関連法案と規制緩和、今後発表する別の法案の組み合わせで医療費の透明性を高め、国民が自由に医療保険を選べる制度を整え、持続可能な制度を築くとした。

 ライアン氏がフリーダム・コーカスが主張するようなオバマケア完全撤廃に乗り気でないのは、オバマケアの恩恵を受けている低所得層の反感を招くことへの不安を抱く穏健派が共和党内にもいるからだ。ライアン氏は共和党が10年以降の4度の選挙でオバマケアの欠陥を争点にしてきたことに触れたうえで、「オバマケアの廃止、見直しの実現にここまで近づいたことはなかった」と述べ、共和党の結束を訴えた。ライアン氏は4月半ばの関連法案下院通過を見据えている。

会員限定記事会員サービス詳細