ブリが映像と踊る 城崎マリンワールド、新アトラクション 兵庫

 魚が主役の新アトラクション「フィッシュダンス」が、豊岡市瀬戸の水族館「城崎マリンワールド」で始まり、16日、報道陣に公開された。ブリの回遊水槽をステージに、最新映像で魚たちの不思議な行動を紹介。ブリジェラート(アイスクリーム)も売り出し、海獣だけではない魅力をアピールしている。

 もともとイルカのショーなどを行っていたダイブホールを改装した。直径約13メートルのドーナツ型水槽の中央にある円形舞台(直径約6メートル)がせりのように沈み、観客は水槽内を泳ぐ約500匹のブリと対面。ホールの壁は360度のスクリーンになり、飼育員の解説を受けながら、求愛や捕食など魚たちの行動をとらえた迫力ある映像を楽しめる。

 アシカやトドなどの海獣ショーが中心の同館だが、集団行動などで踊るようにも見える魚の習性に着目した新たな展示を模索、今回の新企画に取り組んだ。

 円形舞台からはブリへの餌やりも体験でき、家族と来た松江市の小学3年生、金築昊汰さん(9)は「水しぶきがかかって楽しかった」と喜んでいた。

 一方、ブリジェラート(税込み380円)はブリの切り身がアイスに乗っており、豊岡市内の牧場と共同開発。デザートにも魚の世界が広がる趣向だ。

 「魚たちの驚きのパフォーマンスを知ってほしい」と同館。1日7回(1回約20分)行われ、円形舞台へは入館料と別に600円。問い合わせは同館(電)0796・28・2300。