メキシコから米国への国境トンネル、摘発224本 DEA調査 壁建設の効果はある?(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

メキシコから米国への国境トンネル、摘発224本 DEA調査 壁建設の効果はある?

 【ロサンゼルス=中村将】中米メキシコから米国に向けて掘られたトンネルが1990年から2016年3月までに計224本みつかっていることが米麻薬取締局(DEA)の調査で分かった。トランプ米大統領は国境に壁を建設し、麻薬組織や犯罪組織のメンバーの不法入国を食い止めようとしているが、壁の効果は未知数といえそうだ。

 DEAによると、みつかったトンネルの8割以上の185本が米国まで到達していた。メキシコ国境と接しているのはカリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサスの4州だが、大半はアリゾナ州でみつかっているという。

 AP通信によると、カリフォルニア州サンディエゴで09年にみつかった麻薬密輸トンネルは深さ約21メートル、幅約90センチ、長さ約824メートル。輸送用の貨車の線路が敷設され、照明や換気システムも装備されていた。