【東日本大震災】千本のろうそくで被災地へ祈り込め…滋賀・琵琶湖岸で一希一灯会 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東日本大震災

千本のろうそくで被災地へ祈り込め…滋賀・琵琶湖岸で一希一灯会

被災地の復興などを祈った「一希一灯会」
被災地の復興などを祈った「一希一灯会」

 東日本大震災などの犠牲者の追悼と被災地の復興を祈り千本のろうそくをともす「一希一灯会(いっきいっとうえ)」が10日夜、大津市の大津港周辺で行われた。

 大津市中心部の活性化を目指す「まちづくり大津」などで作る実行委が開催。6回目の今回は、昨年4月の熊本地震の被災地への祈りも込めた。

 琵琶湖岸の会場では、参加者がろうそくを入れた小さな灯籠を並べ、一つ一つ点火。暗闇に「びわこ大津から祈ろう!東北・くま本へ」の文字が浮かび上がった。千本すべてのろうそくに点火し終えると、全員で手を合わせて黙?した。

 同市の無職、森照美さん(76)は「震災に巻き込まれ、まだ行方の分からない方もたくさんいると聞いている。早く復興が進んでほしいと願いました」と話していた。