花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈608〉

森友学園問題 他誌を圧する週刊新潮 それにしても「ドアホ」とは

 〈「川田さんは近しい人に本線の麻生-鴻池ラインに辿(たど)り着かせてはいけないから、俺が防波堤になると電話をかけている」(永田町関係者)〉

 しかも〈実は、彼は週刊文春で、『新建産業』(大阪・茨木市)という会社で働いていた経歴を明かしていない。「その会社は『麻生セメント』の特約販売店です。社長は奥下幸義といい、麻生財務相の有力な後援者。川田さんは社長の次男と以前から飲み友達」〉

 むろん麻生財務相側は全否定。

 『新潮』ではもう1本。「沖縄キャンプで『20代愛人』と連泊! 阪神主将『福留孝介』の範の垂れ方」。いかにも『新潮』らしい意地悪なスクープだ。

 「睡眠薬で糖尿病が治療できる」と放送して謝罪に追い込まれたNHKの情報番組『ガッテン!』。『週刊文春』(3月16日号)が早速、「徹底調査でバッテン! NHK『ガッテン!』を信じるな」。ここは「ためしてバッテン!」の方がスッキリするのでは。(月刊『Hanada』編集長)

会員限定記事会員サービス詳細