伊豆の国「三養荘本館」、国の有形文化財に

 国の文化審議会は10日、本館中央棟など「三養荘本館」(伊豆の国市墹之上)の7件の建造物を国の有形文化財に登録するよう松野博一文部科学相に答申した。

 三養荘本館は昭和4年に旧三菱財閥3代目総帥の岩崎久弥の別邸として建てられ、22年からは旅館として使用されている。現在はプリンスホテルが所有。京間と関東間の2種類の寸法体系が混在して造られており、質の高い大規模な近代和風住宅として知られる。

 答申通り登録されれば県内の登録有形文化財は221件になる。

会員限定記事会員サービス詳細