財津和夫インタビュー

チューリップの心の旅45年とこれから「息切れが収まったらもう一度」「若者はもっと爆発して進化を」

 《来る長野市の公演に向けてファンや県民にメッセージを贈る》

 バンドもだいぶ年をとっています。45周年と簡単に言うけど、なかなかバンドが45年間もできることなんてない。僕ら自身がステージができるという感謝の気持ちをかみしめながら、(客の)皆さんが来てくれないと成立しないから、そこにも感謝しながら、一緒にステージと客席で歌います。そこに喜びを見だしたい。年は食っているけど、それなりに自分たちの曲、そしてステージに向き合っている僕らを見て、皆さんも一緒に歌っていただければ最高です。

 100%はできないと分かっていますが、そこに向かってまい進し、その自分を見ることで自分の存在感を味わえると思います。小さい話ですが日々日々。若いころは大きな未来を大きな観点から見ていましたが、今は本当に一個一個やるだけです。

 とにかく懐かしい歌を客席とステージで一緒になって歌うことに喜びがあります。(皆さんが)音楽を聴きに来るのは前提だけど、それを超えたところにある青春時代、自分たちの思いがよみがえってくるような、タイムスリップできるようなコンサートをやりたいと思います。

会員限定記事会員サービス詳細