宝塚歌劇団

雪組トップ、望海風斗さんが就任へ 相手役は真彩希帆さん

【宝塚歌劇団】雪組トップ、望海風斗さんが就任へ 相手役は真彩希帆さん
【宝塚歌劇団】雪組トップ、望海風斗さんが就任へ 相手役は真彩希帆さん
その他の写真を見る (1/2枚)

 宝塚歌劇団は9日、雪組の次期トップスターに、同組男役スターの望海風斗(のぞみ・ふうと)さん=写真=が就任することを発表した。7月23日付で退団するトップ、早霧(さぎり)せいなさんの後任。相手役の次期娘役トップには、今年1月末に星組から雪組に組替えをしたばかりの真彩希帆(まあや・きほ)さん=写真=を迎えることも、併せて発表された。

 望海さんは横浜市出身で平成15年に初舞台。花組に配属され、24年、宝塚バウホール公演初主演。26年に雪組に組替え。悪役もこなし、トップコンビを支えてきた。高い歌唱力を誇り、昨年は「井上芳雄シングスディズニー ドリームゴーズオン」大阪公演で外部出演も果たしている。花組トップ、明日海(あすみ)りおさんは同期。

 真彩さんは埼玉県蕨市生まれ。24年に入団し、花組に配属。安定した歌唱で早くから注目され、26年秋に星組に異動。昨年は星組の宝塚バウホール公演で初ヒロイン。1月、同ホールの星組公演で2度目のヒロイン役を演じていた。

 新トップコンビのお披露目公演は、8月25日〜9月18日の全国ツアー公演「琥珀色の雨にぬれて」「Dramatic S!」となる。

会員限定記事会員サービス詳細