金正男氏殺害

息子ハンソル氏の動画投稿か 「父は殺害された」 シンガポールのテレビ伝える 

 【シンガポール=吉村英輝】北朝鮮の金正男氏殺害事件を受け、息子の金ハンソル氏と見られる人物が、父親の殺害について動画メッセージを投稿したことが8日、分かった。シンガポールのテレビ、チャンネル・ニューズ・アジアが伝えた。

 同テレビは、北朝鮮に関する人権団体活動家により、この人物がハンソル氏だと確認されたとしている。放映された動画では、黒い服装の若い男性が1人でカメラに向かう形で、「私の名前はハンソル。北朝鮮出身で、金一族の一人だ」と英語で自己紹介している。「私の父親は2、3日前に殺害された。現在、(私は)母親と妹とともにいる」と語った。身分証としてパスポートを示したが、個人情報の部分は映像処理されており、本物かどうかは不明。

 映像は7日、「チェオリマ・シビル・ディフェンス」という団体が投稿し、同テレビに連絡したという。この団体はウェブ上で、「正男氏の家族から、救助と保護の緊急要請を受けた」との声明を出し、オランダ、中国、米国、匿名の第4の国から支援を受けているとしているが、同テレビによると、マレーシア警察はこの団体を認知していないとしている。

 マレーシア警察は、正男氏とされる遺体の身元確認のため、ハンソル氏ら親族へのDNA鑑定を求めている。

会員限定記事会員サービス詳細