「生きるのが、死ぬよりつらい」…高校生、過労死を考える 過労死遺族らが出前授業

大阪府立西野田工科高校では、定時制課程の生徒らが「全国過労死を考える家族の会」代表、寺西笑子さんの講義を受けた=2月8日、大阪市福島区(小野木康雄撮影)
大阪府立西野田工科高校では、定時制課程の生徒らが「全国過労死を考える家族の会」代表、寺西笑子さんの講義を受けた=2月8日、大阪市福島区(小野木康雄撮影)

 過労死・過労自殺の遺族や弁護士が、高校で自らの体験を語る「出前授業」が各地で本格化している。受け入れた学校は定時制高校から全国有数の進学校まで幅広く、3月までに約140校で実施する。電通の過労自殺問題を受けて生徒の関心も高いという。(小野木康雄)

命を大切にする国に

 東大合格者数が全国有数の私立灘高校(神戸市東灘区)で2月1日、2年生220人が現代社会の授業で遺族の西垣迪世(みちよ)さん(72)の講演を聴いた。

 西垣さんは平成18年にシステムエンジニアの長男=当時(27)=を亡くした。長男は最長で約37時間連続勤務という過酷な長時間労働に、性能向上などに伴う仕様変更と納期へのプレッシャーが重なり、鬱病を発症。自身のブログには「このまま生きていくのが、死ぬよりつらい」と書き残していたという。

 西垣さんは授業で、「これ以上若者を使い捨てにしないように、この国の働き方は変わらねばならない。ワークルールを学んで、命を大切にする国づくりを目指してほしい」と訴えた。

 政府の働き方改革をめぐる議論が進む中、将来の日本を支える若者たちも、過労死を自らのこととして受け止めた。