「株券の購入枠譲って」…横浜市の80代女性が4300万円詐欺被害

 神奈川県警は7日、横浜市在住の80代の女性が現金約4300万円をだまし取られたと発表した。詐欺容疑で調べている。女性宅に2月、銀行職員を名乗る男から「株券の購入枠が割り当てられている。譲ってほしい」と電話があり、女性は承諾。後日、別の男から「それは名義貸しで犯罪行為。お金を支払ってもらう」と連絡があり、女性は自宅周辺で複数回、男らに現金を手渡したという。

会員限定記事会員サービス詳細