大山の外国人観光客をおもてなし 厚木市がセミナー - 産経ニュース

メインコンテンツ

大山の外国人観光客をおもてなし 厚木市がセミナー

 大山地域を訪れる外国人観光客をもてなし、まちの観光振興につなげようと、厚木市は「つながる大山外国人観光客おもてなしセミナー」を開催した。ホテルや旅館関係者、観光ボランティアなど40人が参加し、外国人観光客への対応の基礎や同市の魅力の伝え方を学んだ。

 事業は、大山にかつてのにぎわいを取り戻そうと伊勢原市や秦野市などと連携して取り組む「平成大山講プロジェクト」の一環で、各市がそれぞれに開催。約30年間に及ぶ客室乗務員の経験を持つ愛甲香織さんらを講師に招き、講義やディスカッションを通して外国人観光客の迎え方を考えた。