ネットの話題・動画付き

アニメ「けものフレンズ」 ファンは動物園にも集結 そして人気のセリフの誕生秘話がついに明らかに!

 「もう1つは『間』です。3DCGの動きのほうが、間が生きるのです。動物がかわいらしいのは、動きが理路整然としていないからという側面もあります。3DCGだと無駄な動きも含め、いろいろな情報を表現できるのです」

 「これには、制作を担当するアニメスタジオ『ヤオヨロズ』が、普通とは違う制作方法をとっているから可能だという側面もあります」

 --どう違うのか

 「ざっくりいうと、普通は先に脚本がありますが、『ヤオヨロズ』はビデオコンテから作ります。アニメの作画前の設計図である絵コンテの動画版で、これを放送時間に合わせて時間調整した後に、脚本に起こすのです。これにより動きや間を最優先することができます」

流行のセリフ 実は声優のアドリブだった

 --独特のセリフ回しがネットで流行している

 「第2話でコツメカワウソが、『たーのしー!』というセリフを言いますが、あれ、声優さんのアドリブでした。台本には『わーい』くらいしか書いてなかった。そこに(コツメカワウソ役の声優)近藤玲奈さんが、ああいうアドリブを入れてくれたのです」

 「第3話のアルパカ・スリ(南米原産の動物)の独特な演技も、(アルパカ・スリ役の声優)藤井ゆきよさんのアドリブです。普通ならあそこまでのアドリブは採用できないでしょうが、僕らは『面白いですね!』と思ったわけです」

会員限定記事会員サービス詳細