偽ブランド品輸入 10年連続で2万件を超える 中国が全体の9割以上

 財務省は3日、全国の税関が平成28年に偽ブランド品など知的財産侵害物品の輸入を差し止めた件数が前年比11・1%減の2万6034件だったと発表した。

 集計の仕方が変わり前年より減ったものの10年連続の2万件超え。

 内訳は、偽ブランド品などの商標権侵害物品が2万5666件、偽キャラクターグッズなどの著作権侵害物品が312件。

 地域別では、中国が全体の9割以上だった。

会員限定記事会員サービス詳細