坂口至徳の科学の現場を歩く

超高齢社会、手足しびれ…末梢神経の傷を包んで治すシート 物質・材料研究機構と阪大が開発

坐骨神経を損傷したラットにシート(ナノファイバーメッシュ)を移植したときの組織の機能回復のようす。正常の神経(左端の写真)では神経の周囲に髄鞘(図の赤色)が取り巻いているが、神経が損傷(中央の写真)すると髄鞘が脱落し機能不全になる。しかし、神経をシートで巻くと、正常の機能が回復する(右端の写真)=物質・材料機構提供
坐骨神経を損傷したラットにシート(ナノファイバーメッシュ)を移植したときの組織の機能回復のようす。正常の神経(左端の写真)では神経の周囲に髄鞘(図の赤色)が取り巻いているが、神経が損傷(中央の写真)すると髄鞘が脱落し機能不全になる。しかし、神経をシートで巻くと、正常の機能が回復する(右端の写真)=物質・材料機構提供

 脳や脊髄の中枢神経から全身に広がる末梢(まっしょう)神経の傷ついた部分に直接巻いて、神経の再生や機能回復に効果がある外科手術用のシートを国立研究開発法人物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の荏原(えばら)充宏准主任研究者と大阪大学大学院医学系研究科の田中啓之助教(整形外科学)らの研究チームが開発した。このシートは、神経の再生を促すビタミンB12を含んでおり、下肢の坐骨神経という末梢神経を損傷したラットに移植したところ、運動や感覚の機能を取り戻すことができた。手首の神経が圧迫されてしびれなどが生じる手根管症候群など末梢神経の治療への臨床応用を検討している。

 外傷などで末梢神経が障害されると、運動や感覚のマヒ、体の機能を調節する自律神経の障害などが起きる。この障害は加齢とともに増加するため、超高齢社会の課題だ。

 末梢神経の治療は、完全に切断された場合は、神経を直接に縫合するなどの方法があり、患者数が多い神経がつながりながら障害がある場合は神経を圧迫する組織を手術で剥離(はくり)するなどしている。末梢神経の損傷に対して開発されている人工神経は、チューブ状の医療機器で完全に切断された部分の橋渡しする役割があるだけで、適応する患者は限られていた。

 また、ビタミンB12が神経の再生を進めることは分かっていたが、経口投与ではあまり効かず、患部に直接、多量を継続して投与し、効果を高める方法が模索されていた。

 こうしたことから、研究チームは、シートにより損傷した神経を直接、包み込んだうえ、そこでビタミンB12(メチルコバラミン)を放出し続けることを目指して研究を続けた。

会員限定記事会員サービス詳細