【参院予算委員会】安倍晋三首相「TPP、米以外の各国とも議論」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

参院予算委員会

安倍晋三首相「TPP、米以外の各国とも議論」

 安倍晋三首相は1日の参院予算委員会で、米国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱決定を受け「日本の求心力を生かし、今後どのようなことができるかを米国以外の各国とも議論したい」と語った。

 「多くの人に裨益(ひえき)していくということを、しっかりと東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の国々に説いていきたい」とも強調した。

 トランプ米大統領との先の首脳会談については「日米同盟は揺らいでいないと示すことができた」と振り返り、北朝鮮の核・ミサイル開発を念頭に、「万が一、日本に侵害を加える国があれば、米国は日本を守るというメッセージを発することができた」と指摘した。

 文部科学省の天下り斡旋(あっせん)問題には、「調査結果を踏まえ処分すべきものは処分する。さらなる対応が必要かも検討したい」と語った。