森友学園問題

鴻池祥肇参院議員ぶら下がり全文・下「あんなん教育者にしたらいかん。幼稚園はもう閉じたほうがいい」

 --2017年だ

 「2年ほど前?」

 --そうだ

 「そんな話あれへん時ちゃうんか。小学校の用地をどないかしてくれと」

 --まさに交渉中の時期だ

 「あ、そうなの。まあ、好きなように考えとけや、朝日新聞(質問した記者)やったら」

 --知らなかったということか

 「知らん。とにかく、おかげさまで献金で政治家やってるからね。当然、公的なやつは別にして。助成金とか別にして。1人1万円とか3000円ずつとか。だから、すっごい人が、頑張れ、頑張れと入れてくれてるわけよ。だから人気悪い。『会っても礼を言ってくれない』ゆうて。『ありがとうございました』言われへんよ、わかれへんやろそんなん。(秘書に)『礼をゆうてもらいたい奴やったらもらうな』ゆうてるよ、献金は」

 --献金は相手に連絡がつかなくて返せていないと

 「返せてないというか、もう、振り込まれとるわけや、政党支部に。何年か前に」

 --返したいという意向を伝えようとしたが、かなっていない

 「そうそう。相手がどこいったか分かれへん、全然。…すごいな、もう(小学校の校舎が)できとんのや半分以上。あれ見たら。いっぺん見に行こかな」

会員限定記事会員サービス詳細