長野かみつきライオン

「なぜ、ナナが突然…」ライオンが飼育員襲う 関係者に衝撃 小諸市動物園

【長野かみつきライオン】「なぜ、ナナが突然…」ライオンが飼育員襲う 関係者に衝撃 小諸市動物園
【長野かみつきライオン】「なぜ、ナナが突然…」ライオンが飼育員襲う 関係者に衝撃 小諸市動物園
その他の写真を見る (1/4枚)

 小諸市動物園のアイドル的存在だった雌のライオン「ナナ」が26日、女性飼育員に襲いかかって重傷を負わせた。平成16年10月に同園にやって来て以来、飼育員はじめ人間に危害を加えたことは皆無だったという。その衝撃に動物園関係者は「なぜ、ナナが突然…」と絶句した。

 同園を管理する小諸懐古園によると、負傷した飼育員の大井沙耶香さん(22)は、2人の担当飼育員のうちの1人で、ナナとの付き合いは約2年になる。「ナナは大井さんにとても懐いていた」と動物園関係者はいう。

 ナナは13年に多摩動物園(東京)で生まれ、3歳のときに雄の「カイ」とともに小諸市動物園に迎えられた。26年4月に連れ合いのカイが病死後、唯一の「百獣の王」として同園の顔役を担ってきた。

 昨年12月に同園で開かれた15歳の「誕生日会」には、多くのファンらが来園して祝福した。

会員限定記事会員サービス詳細