【名村隆寛の視線】慰安婦像も盛り込み 韓国は国定教科書問題でも反日を手軽に利用する (1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

名村隆寛の視線

慰安婦像も盛り込み 韓国は国定教科書問題でも反日を手軽に利用する 

【名村隆寛の視線】慰安婦像も盛り込み 韓国は国定教科書問題でも反日を手軽に利用する 
【名村隆寛の視線】慰安婦像も盛り込み 韓国は国定教科書問題でも反日を手軽に利用する 
その他の写真を見る (1/2枚)

 韓国の中学校や高校で、2018年度から導入される国定歴史教科書の最終版が1月末、教育省から発表されたが、その内容は昨年11月末に公開された見本版の760カ所に修正と加筆をしている。そのうちソウルの日本大使館前に違法設置されている慰安婦像と、慰安婦の体験を記述した部分を紹介したい。修正、加筆されたのは『』の箇所だ。

 「市民団体では1992年から毎週水曜デモを開き、継続的に日本政府に問題解決を要求しており、『水曜デモ1千回を記念し平和の少女像を建立した』。政府も被害者(元慰安婦の女性)の名誉回復のために努力している」(中学用)

 「日本軍慰安婦被害者らは、拒否できない状況の中でむごたらしい苦痛とさげすみを味わい、人権を蹂躙(じゅうりん)された性奴隷だった。中には劣悪な環境の中で疾病、暴行、自殺で死ぬ人も多かった。『その上、戦争に敗け逃げてゆく日本軍に集団で殺害されもした』」(高校用)

 こうした記述は、日本統治時代の「民族の抑圧と抵抗」を強調する韓国での抵抗史観に基づくものだ。ただ、教科書の最終版は、見本版に対する国民や教員、国会などの意見を受け入れ、世論を反映させている。その結果、反日傾向が一層強められ、「慰安婦像」や「慰安婦の集団虐殺」といった客観性に欠け、事実関係の疑わしい内容が盛り込まれた。