柏崎刈羽原発 免震棟、東電説明に不快感 市長「再稼働認めぬ可能性」 - 産経ニュース

速報

速報

橋本大輝が種目別鉄棒で「金」 屋比久翔平がグレコ77キロ級で「銅」

メインコンテンツ

柏崎刈羽原発 免震棟、東電説明に不快感 市長「再稼働認めぬ可能性」

 東京電力ホールディングス新潟本社の木村公一代表は23日、柏崎刈羽原発が立地する柏崎市の桜井雅浩市長と刈羽村の品田宏夫村長を訪ね、同原発の免震重要棟の耐震性が不足する問題について説明した。面談後、桜井市長は同原発の再稼働を認めない可能性を記者団に示唆し、不快感をあらわにした。

 東電は再稼働を目指している柏崎刈羽原発6、7号機に関する原子力規制委員会の審査会合で、重大事故時の対応拠点としていた免震棟の耐震性が不足するとの社内データがありながら異なる説明を続けていた。

 面談で、桜井市長は「非常に誤解を生み信頼を損ねる問題だ」と述べ、木村代表に真相解明と企業体質の改善を求めた上で「野球だとスリーアウトでチェンジだ」と終わりに近い事態だと厳しく指摘した。

 一方、品田村長は「説明を尽くしてほしい」と述べ、情報開示の在り方に不満を指摘しながらも、安全性には大きな問題がないとの考えを示した。

 面談後、桜井市長は「再稼働にはより一層厳しい条件を付けざるを得なく、不安の方が大きい。再稼働の価値を認めない立場になる可能性もある」と記者団に語った。また、東電新潟本社の木村代表は「免震棟を地震に耐えられるように建設したにもかかわらず、耐えられないという不安な情報を出してしまった。組織の問題として優先的に取り組みたい」と記者団に述べ、対応を急ぐ考えを強調した。