【プレミアムフライデー】「プレ金」スタート、早帰り対応企業は120社程度か - 産経ニュース

メインコンテンツ

プレミアムフライデー

「プレ金」スタート、早帰り対応企業は120社程度か

【プレミアムフライデー】「プレ金」スタート、早帰り対応企業は120社程度か
【プレミアムフライデー】「プレ金」スタート、早帰り対応企業は120社程度か
その他の写真を見る (1/2枚)

 月末の金曜日の仕事を早く終え、消費拡大につなげる「プレミアムフライデー(プレ金)」が24日、初めて行われた。個人消費の喚起や働き方改革を目的に政府や経団連が取り組みを呼びかけ、百貨店や飲食店では早帰りの会社員らを見込んだイベントを開催するなど、新たなビジネスチャンスに取り組んだ。

 携帯大手3社で唯一、プレ金を導入したソフトバンクでは、午後3時になると社員が一斉に東京・東新橋の本社ゲートを通過して会社を離れた。また、社員食堂では、1杯100円の特別価格でビールが提供され、宮内謙社長ら幹部も含めて多くの社員が休みを楽しんだ。

 プレ金のロゴマーク使用を申請した企業・団体は24日までに約3900。ただ、経済産業省によると、早帰りなどの対応をした企業は120社程度とみられている。