浪速風

「プレミアム」と囃せど

スーパーのチラシに「いつもより少しプレミアムな時間を、大切な人と」。ワインやオードブルなどが並び、子供と手作りするケーキのレシピも。事前の調査では「まっすぐ家に帰る」が多かったという。遊び上手の若者は別にして、まあそうだろう。今日は初の「プレミアムフライデー」。

▶略して「プレ金」。かつて週休2日制の導入で「花金(花の金曜日)」と呼ばれたのを思い出す。経産省や経団連が音頭を取り、月末の金曜日は午後3時をめどに退社時間を繰り上げる。米国のクリスマス商戦の「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」から想を得た個人消費の喚起策である。

▶「他の曜日の残業が増える」と懸念する声もあるが、定着するか長い目で見たい。「それぞれの幸福」というジョークで、「スペイン人はおいしいものを食べてのんびり昼寝している時」などと並んで「日本人は食事をさっさと終えて再び働き始めた時」。そんなイメージが変わるかも。