「アニマックス」と「キッズステーション」が経営統合 2大アニメ専門チャンネル

 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)と三井物産は13日、アニメ事業共同運営会社の設立で合意したと発表した。事業持株会社「AKホールディングス」を3月末に設立し、傘下にCS放送で視聴できる両社のアニメチャンネル事業を置き、共同運営する。

 加入世帯数はSPEJの「アニマックス」が約863万世帯で業界1位、三井物産の「キッズステーション」が約803万世帯で2位。加入者数の規模拡大を通じてテレビ局などアニメコンテンツ購入の際の価格交渉力を高める。これを機に優良コンテンツ購入や開発を進め米国をはじめ、海外進出を本格展開し、アニメ作品製作や商品化も検討する。

 新会社の社長には、SPEJ社長でアニマックスの運営会社のアニマックスブロードキャスト・ジャパンの社長も兼任する滝山雅夫氏が就任する。資本金は未公表だが、SPEJが過半数を出資する。アニマックスはアニメチャンネルが中心で、キッズステーションは子供向け番組が充実するアニメ専門チャンネル。

会員限定記事会員サービス詳細