東芝巨額損失

東芝、東証2部に降格へ 半導体売却5月に最終絞り込みも債務超過確定的に

東芝の本社(三尾郁恵撮影)
東芝の本社(三尾郁恵撮影)

 東芝が3月末に分社する半導体事業の株式売却について、3月中に1次入札を実施し、5月をめどに売却先を最終的に絞り込む方向で調整していることが21日、分かった。今年3月末で負債が資産を上回る債務超過を解消できないことが確実になり、東京証券取引所のルールにより、東芝株は第1部から2部に降格する見通し。

 現在、従業員の雇用維持など売却条件について詰めの作業を急いでいる。東芝は半導体新会社の株式売却で1兆円以上の資金を調達する計画だ。

 当初は、3月末の債務超過解消を優先課題とし、株式の2割弱を3月末までに売却する予定だった。しかし、買い手から高値を引き出すため、より魅力的な条件で時間をかけて売却すべきと判断し、仕切り直すことにした。

 新たな入札では、3分の2以上の株式売却も検討する。買い手側は、出資割合が高まることで経営に関与しやすくなり、入札手続きの先延ばしで資産査定の時間も確保しやすくなる。

 主力取引銀行は東芝への融資を継続する方針。東芝は平成29年度以降に、債務超過を解消することを目指す。

会員限定記事会員サービス詳細