ニュースの断面

国が音頭「プレミアムフライデー」の効果は…

 月末の金曜日は午後3時に仕事を終えて買い物やレジャーを楽しむよう呼びかける「プレミアムフライデー」が、2月24日から始まる。個人消費を喚起しようと、政府と経済界が主導。これに合わせて多くの小売店や飲食店が、客を呼び込むイベントを展開する。

 百貨店は、仕事帰りの女性をターゲットにメーク直しサービスを準備。飲食店では、ワンドリンクを加えたお得なセットメニューを提供する。フライデーにかけて特別な「フライ」(揚げ物)を用意する店も多い。

 一方、早帰りによって家族で過ごす時間が長くなることも期待され、スーパーは総菜や酒類の販売を強化する。

目新しさは? 「初回から冒険できない」

 ただ、目新しい取り組みかというと、普段から提供しているサービスと大きく変わらない印象もある。「どれくらいの企業で採用するのか分からないので…」とは、ある商業施設の担当者。集客効果を把握しきれず、初回から冒険はできないという。どの業界も手探りで取り組んでいるようだ。