「信頼性に疑義」 柏崎刈羽原発の免震棟耐震不足問題で規制委が東電社長を聴取へ

 東京電力が柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働に向けた審査の中で、免震重要棟の耐震性不足を把握しながら、異なる説明を続けていた問題を受け、原子力規制委員会は22日、臨時会合を開いて東電の広瀬直己社長から事情を聴くことを決めた。新基準の審査では、設備面だけでなく事業者の適正についてもみているが、規制委が審査の過程で、経営トップを聴取するのは初めて。

 この日の定例会合で規制委の田中俊一委員長は「審査する側とされる側の最低限の信頼性に疑義がある。組織的な問題も含め、どういう姿勢で審査に臨んでいるかただす必要がある」と述べた。

 規制委は東電が福島第1原発事故を起こした当事者である点も重視しており、田中委員長は「委員会として納得しないと最終段階にはいけない」と、東電の説明が不十分であれば今後の審査にも影響する可能性を示唆した。

会員限定記事会員サービス詳細