放火の疑い、34歳男逮捕 足立で不審火5件関与か

 自宅近くの住宅敷地内に灯油をまき、火を付けたとして、西新井署は20日、建造物等以外放火の容疑で、足立区本木東町の会社員、白石龍太容疑者(34)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は1月19日午前2時55分ごろ、足立区本木東町の民家敷地内で、置いてあった水槽内の落ち葉に灯油をまき、ライターなどで火を付けたとしている。

 近くの防犯カメラの画像などから白石容疑者が浮上した。現場周辺では同月18〜28日にかけてほかに5件、自転車のシートなどが燃える不審火があり、西新井署が関連を調べている。2月12日以降、北区と足立区で相次いでいる火災には関与していないとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細