壇蜜さんも取得「エンバーマー」 ご遺体を生前の姿に〝修復〟高まるニーズ…業界団体、国家資格化めざす(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

壇蜜さんも取得「エンバーマー」 ご遺体を生前の姿に〝修復〟高まるニーズ…業界団体、国家資格化めざす

壇蜜さんも取得「エンバーマー」 ご遺体を生前の姿に〝修復〟高まるニーズ…業界団体、国家資格化めざす
壇蜜さんも取得「エンバーマー」 ご遺体を生前の姿に〝修復〟高まるニーズ…業界団体、国家資格化めざす
その他の写真を見る (1/3枚)

 特殊な処置で遺体を生前の姿に修復する「エンバーマー」の国家資格化を目指し、業界団体が取り組みを進めている。国内のエンバーマーは約160人。超高齢化に伴うニーズの高まりに対応できない恐れに加え、資格が法制化されていないことで悪質業者参入の余地があるからだ。タレントの壇蜜さんが有資格者と明かし話題を呼んだが、知名度はまだ低い。団体は若年層へのアピールを強化する方針だ。(細田裕也)

感謝の言葉

 やせこけた顔、開いたままの口。闘病の面影が残る夫の遺体と対面した妻は、葬儀会社との打ち合わせの際に叫んだ。「こんなの私のだんなじゃない。すぐに火葬して!」

 夫の死を受け入れられなかった。苦楽を共にした夫が闘病生活の果てに別人のようになって眠っている。ショックは大きく、夫から目を背けることで精いっぱいだった。