広島で福島の震災避難者支援の相談会 自立模索する避難者たち(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

広島で福島の震災避難者支援の相談会 自立模索する避難者たち

福島からの震災避難者を支援しようと開かれた相談会=広島市南区
福島からの震災避難者を支援しようと開かれた相談会=広島市南区

 日本各地に大きな傷跡を残した東日本大震災の発生から3月で6年を迎える。東京電力福島第1原発事故による福島県からの「自主避難者」に対する住宅の無償提供が3月末で終了することを踏まえ、震災避難者を支援する相談会が18日、広島市南区の市総合福祉センターで開かれた。福島を離れて広島、山口両県に自主避難している8世帯11人が参加し、生活再建のために今後利用できる支援策について行政の担当者や弁護士から説明を受けた。

 相談会は、広島県内の震災避難者でつくる「ひろしま避難者の会『アスチカ』」(広島市西区)が、福島県の委託事業として開催した。復興庁によると、福島から広島に避難している人は自主避難を含め、少なくとも202人(1月16日現在)。このうち106人が公営住宅や民間賃貸住宅で暮らしている。

 原発事故を受け、福島県は災害救助法に基づき、避難者が転居した公営住宅や民間賃貸住宅などの家賃を国費で全額補助している。だが、避難指示が出ていない区域からの自主避難者に対しては、帰還を促すために住宅の無償提供を3月末で打ち切る方針を決めている。