奈良県産キノコに注目 腸の働き助ける効果も

さまざまなキノコ料理が楽しめる「きのこの館」=奈良県東吉野村
さまざまなキノコ料理が楽しめる「きのこの館」=奈良県東吉野村

 奈良県産キノコの魅力をPRしようと、県林業振興課が奈良市の「わかばね調理専門学校」で「きのこ効能説明会」を開催、約70人が参加した。キノコのような菌類や納豆、みそ、ヨーグルトなどの発酵食品を食べる「菌食(きんしょく)」は最近、腸の働きを助けるなどの効果があるとして改めて注目されているが、県内の生産量は減少傾向にあるといい、同課は「生産量アップに向け、消費拡大を目指したい」としている。

 説明会では、近畿大農学部の寺下隆夫名誉教授(71)が「きのこの栄養成分と健康への効果を考える」をテーマに講演。90%以上が水分のキノコは、水分以外の成分の30〜70%が食物繊維で、これは野菜類の倍以上の含有量と説明した。

 また、乾燥させたキノコにはビタミンDが豊富に含まれ、「骨粗鬆(こつそしょう)症予防にも効果的」と紹介。「キノコは実に万能な栄養素を持っており、積極的に食べてほしい」とした。

 シイタケやブナシメジ、ナメコなどが生産されている県内では、キノコ料理のフルコースを食べられる飲食店もある。東吉野村の「きのこの館」は、隣接する栽培施設が直営しておりキノコづくしの料理を堪能できる。

 中でも珍しいのが、「キノコのお造り」。新鮮なものでなければ生食できないというシイタケは注文後に収穫、提供される。えぐみや臭みは全くなく、歯応えもあるまさに初めての食感だ。