いまどきメタボ予防

フィットネスジムでカフェスタイル続々 「ジム飯」で食事と運動一体 理想はちょい通い

 さて、スポーツ器具はどこだろう?

 「ここは、1階にカフェが併設されたフィットネスジム。トレーニングルーム(52平方メートル)は地下1階にあります」

 そう説明するのは同店代表、中倉美雪さん(30)だ。地下にトレーニングルームがあると教えられなければ、カフェと信じて疑わないだろう。

なぜカフェを併設?

 カフェを併設しようと思い立った理由を、中倉さんはこう説明する。

 「多くの人にフィットネスの面白さを伝え、健康への関心を高めてもらうにはどうすればいいか。そう考えたとき、カフェかなと。気軽に行ける場所ですからね。いっそのこと、フィットネスジムとカフェをくっつけてしまおう。そう考えたのです」

 フィットネス人口のパイを奪い合うのではなく、むしろ広げる発想からの顧客獲得戦略というわけだ。

 実際、昨年9月1日に開店後、5カ月余りの間に会員になった人は、スポーツジム初心者が圧倒的に多かったという。

会員限定記事会員サービス詳細