受験を考える

1日12時間の猛勉強 芦田愛菜さん超難関中合格の衝撃

【受験を考える】1日12時間の猛勉強 芦田愛菜さん超難関中合格の衝撃
【受験を考える】1日12時間の猛勉強 芦田愛菜さん超難関中合格の衝撃
その他の写真を見る (1/9枚)

 今年の受験に絡んで関係者たちが一番話題にしたのは、もしかしたら、女優、芦田愛菜さん(12)の難関中学合格というニュースだったかもしれない。激しい受験勉強をこなし、都内有数の名門女子校に合格したという。昨年夏から芸能活動を抑え、1日12時間の勉強をしていたらしい。合格したのが超難関といわれる学校だったということで、評判になった。

 というのも、難関校受験をする場合、小学校3、4年生ぐらいから受験勉強を始めるのが定番だ。芦田さんもある程度は、受験に備えた勉強をしていたのだろうが、昨年夏までは芸能活動を行いながらの勉強だっただろうと考えると、相当大変だったはずだ。

 難関校受験について、塾関係者や体験者に話をうかがうと、小学校4年生から受験勉強を始める人が多いようだ。「5年生ぐらいになると、ほかの習い事をやめるなどして、受験勉強に没頭。6年生はほぼ受験一色」という話もよく聞く。

 もちろんなかには「塾なしで難関校に合格」という人もいるかもしれないが、受験関係者によると「一定レベル以上の学校では、そういう人がいたとしても、それはレアケースでしかない」と話す。