子供にサプリメント必要? 栄養不足ならまず食事改善を

子供にサプリメント必要? 栄養不足ならまず食事改善を
子供にサプリメント必要? 栄養不足ならまず食事改善を
その他の写真を見る (1/2枚)

 子供向けに栄養機能を強化するなどしたさまざまな食品が市販される中、錠剤やカプセルなどの「サプリメント(サプリ)」について、国の研究所が先月、安易に子供に与えないようリーフレットを作成し、保護者に注意喚起した。専門家は「栄養が足りていない場合は、食事の改善が先」と警鐘を鳴らす。(平沢裕子)

8〜10%が利用

 「本当に栄養不足? 幼児にサプリメントは必要ですか?」-。国立健康・栄養研究所情報センターは、リーフレットで保護者にこう問いかける。同センターは、聞き取り調査などから幼児にサプリを与えている保護者が日本に8〜10%いると推定する。

 研究員の佐藤陽子さんは「調査では自分が飲んでいるサプリを子供に与えている保護者もいた。栄養は普段の食事で取ることが基本。子供にサプリが本当に必要か考えてもらうきっかけになれば」と説明する。

 大人用のサプリは、健康維持や疲労回復、ダイエットなどを目的にしたものが多いが、子供用は「身長が伸びる」「育ち盛りの栄養補給」「脳の発達に良い」など「成長」をターゲットにしたものが目立つ。

 健康食品関連のコンサルティング会社「グローバルニュートリショングループ」によると、子供用サプリの日本の市場規模は数十億円。米国では約3兆円ある健康食品市場の1割程度が子供向けとされ、日本でも今後、市場規模の拡大が見込まれている。