閉校校舎で非常用貯水袋製造 兵庫・朝来市の旧奥銀谷小に企業進出

閉校校舎で非常用貯水袋製造 兵庫・朝来市の旧奥銀谷小に企業進出
閉校校舎で非常用貯水袋製造 兵庫・朝来市の旧奥銀谷小に企業進出
その他の写真を見る (1/2枚)

 8年前に閉校された朝来市生野町奥銀谷の旧市立奥銀谷小学校に、大阪市内の企業が進出することになり、同市は近く契約を交わすと発表した。製造工場と倉庫として再利用され、今年4月に操業開始予定。地元からの雇用も進められ、同市は地域活性化につながる-と期待している。

 同市によると、進出するのは大阪市東住吉区の非常用飲料水袋製造販売会社「ワールドウォーターバッグ」。持ち運びに便利で、災害などの緊急時に役立つ貯水袋を作っている。

会員限定記事会員サービス詳細