近大革命(9)

女子志願者増へ…個性派人形「ブライス」起用 近畿大学広報部長 世耕石弘

 単にビジュアルとして使うだけでなく、開設前の総合社会学部の「0期生」として迎え、まだ存在しない新学部でのキャンパスライフをブログで彼女から伝えました。カリキュラム内容などは活字にすると堅苦しくなるのですが、女子大生が日々の生活を授業を受けて感じたことや将来の夢に向けた準備などをつづる形にしました。新学部による世界を一足早く分かりやすく伝えたところ、新聞や広告専門誌で取り上げられるなど反響を呼びました。

 総合社会学部の初年度の志願者は、定員450人に対し当初目標の7500人を大幅に超える1万1千人。1期生へのアンケートでは約67%がブライスの広告を見たと答え、うち約92・6%が「印象に残る」「目立つ」と回答しました。この広告戦略は効果があったと思っています。   =続く

▼【近大革命(10)】全国初ペーパーレス「エコ出願」…に続く