「筋が通った結論を」刑法学者から最高裁判事に転身 山口厚氏

 法曹を目指す学生には「自分で考えることの大切さ」を説く。「私を含めて研究者が言っている説明を真に受けるのではなく『自分が納得いくか』という基準で考えないとだめです」

 インターネット上では「判事就任前に他の本も改訂してほしい」との声も。退官後は「研究者に戻り、ぜひ本の改訂をしたい」。学問への揺るぎない熱意をのぞかせた。(滝口亜希)