街の名店・名品応援女子「WRB20」誕生 WRBってどこだ?

 20代女性の起用理由について、同商工会議所の中小企業相談所経営指導員、関口慶太さん(34)は、メンバーのSNS上での発信力を挙げる。

 彼女たちのツイッターや写真共有アプリ「インスタグラム」などに、ポスターに関する記事を投稿することで、手軽に広く情報を発信できる。

 店舗からは実際に、SNSの情報で県外から来た人がいるという声が寄せられている。

 WRB20メンバーで、女優やタレントとして活動している大利(おおとし)弥里(みさと)さん(23)は「みんな地元の人たちなので、撮影はとても温かい雰囲気だった。撮影をきっかけに知ったお店もある」と振り返る。

 大学3年の南琴里(ことり)さん(21)も、「蕨をPRする活動をしたかったので応募した。今後もたくさんの人に蕨を知ってほしい」と意気込みを話している。

(さいたま総局 菅野真沙美)