衆院予算委員会

民進党、金田勝年法相に集中砲火 自民・竹下亘国対委員長「出ていない法案の議論ばかり…」

【衆院予算委員会】民進党、金田勝年法相に集中砲火 自民・竹下亘国対委員長「出ていない法案の議論ばかり…」
【衆院予算委員会】民進党、金田勝年法相に集中砲火 自民・竹下亘国対委員長「出ていない法案の議論ばかり…」
その他の写真を見る (1/2枚)

 民進党は6日の衆院予算委員会で「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、金田勝年法相に引き続きターゲットを合わせて集中砲火を浴びせた。提出前の法案への質問に金田氏の答弁は歯切れが悪く、野党の「イメージ戦術」が的中した格好だ。

 民進党は6日、山尾志桜里前政調会長ら4人が金田氏をただした。目立ったのは、提出前の法案であることを逆手にとり、「答えられない」という答弁を引き出すことを狙った質問だ。

 山尾氏「共謀罪の必要性はどこにあるか」

 金田氏「成案が出た段階で法務委員会でしっかり議論してもらいたい」

 山尾氏「ダメです! 質問に答えていない!」

 おぼつかなさを印象づける戦術の奏功に、民進党の野田佳彦幹事長は6日の記者会見で「いい加減な答弁を見ていると、ますます不安が募る」と嘆いてみせた。

 同日の政府与党連絡会議では、自民党の竹下亘国対委員長が「出てもいない法案の議論ばかりしている。それも(法務省の)刑事局長を呼ばず閣僚に質問している」と野党を批判。安倍晋三首相も「そう思う。おかしい」と呼応した。

 もっとも、金田氏の頼りなさも目を覆うばかりだ。背後に複数の官僚を控えさせての答弁は、「二人羽織」と揶揄(やゆ)された田中直紀元防衛相を彷彿(ほうふつ)とさせる。たびたび立ち往生する金田氏に対し、浜田靖一委員長(自民)が「もう時間なので簡潔に」と促す場面も目立った。(松本学)

会員限定記事会員サービス詳細