現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

プーチン露大統領は、目先の利害で動くトランプ米大統領を信用していない その冷徹なリアリズムを見抜け 新潟県立大教授・袴田茂樹

ロシアのプーチン大統領(川口良介撮影)
ロシアのプーチン大統領(川口良介撮影)

トランプ米政権成立、英国の欧州連合(EU)離脱、中東情勢など予見不能の地殻変動に世界が振り回され、18世紀から20世紀前半に酷似した新たな地政学の時代が到来した、との感を否めない。今、私たちは「冷戦時代の安定」が、むしろ歴史の例外だと思い知らされた。本稿では、この地政学時代におけるプーチン政権の、トランプ政権や中国への見方および日露関係について考えたい。

擦り寄る者は弱者と見下す

米国に親露的なトランプ大統領やティラーソン国務長官が誕生したことをプーチン政権は歓迎した。先進7カ国(G7)の対露制裁崩壊の可能性が高まり、シリア問題でも露の立場が強まるからだ。トランプ氏はクリミア併合など、主権国家間の秩序やその侵害には無関心だ。むしろ露との良好な関係構築を目指し、北大西洋条約機構(NATO)も非効率で時代遅れだと批判、日本や韓国の米軍駐留にも財政面から疑問を呈した。彼の中国への強硬姿勢もビジネス取引の感覚だが、ある意味で露に好都合だ。

ランキング

  1. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  2. 【主張】謎の4300万円 金の流れに疑念を残すな

  3. 【正論モーニング】防衛費拡充は「火事場泥棒」なのか? 今こそ周辺有事に備える議論を

  4. 【産経抄】5月26日

  5. 【論壇時評】6月号 平成=ポスト冷戦からの脱却 文化部・磨井慎吾

  6. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  7. 【正論】エネルギーは安全保障最優先に キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  9. 【主張】北のICBM発射 世界に弓引くのをやめよ

  10. 【解答乱麻】「反日日本人」がなぜこんなに多いのか カギは米国産「WGIP」にあり 麗澤大大学院特任教授・高橋史朗

会員限定記事