東京五輪

女性正会員を認めない霞ケ関CCとはこんなクラブだ! 90年近い歴史 「社交場だ」 突然の要請に名門会員困惑

女性が完全にプレーできないのは正会員限定の大会が行われる年間30日程度の日曜、祝日だけ。週日会員の女性は「女性であることで不利益を被ったことはない」とした上で、「霞ケ関CCはゴルフ場というよりはメンバーのための社交場。だれでも入れる場所ではないというクラブの伝統を軽んじてはいけない」と強調する。

同CCの資料などによると、正会員は約1300人で週日会員は約420人。女性の会員は約200人いるという。最初に正会員の推薦を受け、理事全員から承認された後、入会金800万円を支払って週日会員となることができる。数年後に正会員を希望する場合は再び推薦や承認を受ける必要があり、正会員になるとさらに400万円を支払う。年会費も12万円から15万円に上昇するという。

「資金や社会的地位があれば入れるものでもない。価値観が共有できるかが最も大切だ」と男性正会員。一方、同CCの関係者は、世界の名門コースが次々と女性会員を受け入れる流れがある現状を踏まえ、「女性を正会員に入れる時代も来るのでは」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細