浸水対策で地下に自動防潮壁 ヒグマの剥製、展示復活 兵庫・洲本市の新庁舎

 1階北玄関には約140平方メートルのロビー「洲本の広間」を設け、期日前投票や確定申告などの一時利用や市民交流スペースとして活用していく。

 新庁舎6階の展望ロビーには、昭和61年に姉妹都市提携を記念して北海道静内町(現・新ひだか町)から寄贈されたヒグマの剥製が飾られている。

 新庁舎の建つ場所はかつて市民会館、その後は市役所北庁舎として利用されており、いずれもロビーにこのヒグマが展示されていた。平成25年7月の北庁舎閉鎖後は倉庫で保管されていたが、今回ガラスケースを新調して展示を復活させた。

会員限定記事会員サービス詳細