遊具事故で緊急点検・遊び方指導を指示、インフル急増に警戒を 吉村大阪市長会見詳報(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

遊具事故で緊急点検・遊び方指導を指示、インフル急増に警戒を 吉村大阪市長会見詳報

吉村洋文市長=大阪市役所
吉村洋文市長=大阪市役所

 2日に行われた吉村洋文大阪市長の定例会見の詳細は以下の通り。

 【冒頭】

 インフルエンザが大流行している。市内でも1医療機関あたりの患者報告数が先週、38人に急増している。マスク、手洗いなど予防に努めるとともに、高齢者などは重篤化する恐れがあるので早めに受診してほしい。

 9〜11日、中央体育館で国際親善女子車いすバスケットボール大会を開く。世界の強豪との試合が見られる。東住吉区出身の網本麻里選手も出場するので足を運んでほしい。

 【質疑応答】

 --住之江区の市営住宅敷地内の遊具で男児が首を圧迫され意識不明になった。遊び方の指導などはしているか

 ランドセルを背負って遊ぶと危険なことなど、子供たちに遊び方を指導するよう学校に指示した。今回の遊具は安全性を確認したが、他所の遊具も緊急点検をするよう指示している。

 --新美術館のプレゼンテーションが行われた

 世界のどの都市にも負けない美術館をつくりたい。市が持つ絵画や美術品を通して都市魅力を発信する。