宝塚歌劇団

宙組トップコンビの集大成…さよなら公演の実咲凛音「トップさん思う心を大切に輝きたい」

【宝塚歌劇団】宙組トップコンビの集大成…さよなら公演の実咲凛音「トップさん思う心を大切に輝きたい」
【宝塚歌劇団】宙組トップコンビの集大成…さよなら公演の実咲凛音「トップさん思う心を大切に輝きたい」
その他の写真を見る (1/2枚)

 宝塚歌劇団宙(そら)組トップスターの朝夏(あさか)まなと主演、娘役トップ、実咲凛音(みさき・りおん)のさよなら公演となる「王妃の館-Ch?teau de la Reine-」(脚本・演出、田渕大輔氏)「VIVA! FESTA!」(作・演出、中村暁氏)が3日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。(橋本奈実)

 芝居は、浅田次郎氏の人気小説が原作。ルイ14世が城主で、現在は高級ホテルである「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)」を舞台に、高額の「光ツアー」と格安の「影ツアー」の参加者と旅行会社の個性的な人々の人間模様を、ルイ14世の物語をひもときながら、コミカルに描く。

 現代の日本人たちの物語に、違和感なくルイ王を絡ませる宝塚オリジナルの手法が見事。コメディーの中の泣かせどころも効いている。演出家、田渕氏の堂々たる大劇場デビュー作となった。