大阪市が「詰めの甘さ」陳謝も…住吉市民病院問題、集中審議で市と議会が平行線 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪市が「詰めの甘さ」陳謝も…住吉市民病院問題、集中審議で市と議会が平行線

 平成30年3月末で閉鎖される大阪市立住吉市民病院(住之江区)敷地内に誘致された民間病院の移転開業が当初予定の30年4月から2年遅れる問題で、市議会は1日、民間病院に補助金4億8千万円と貸付金7億円を交付する市の支援策について審議する協議会を開いた。

 市の担当者は冒頭、「事業者の計画の甘さを指摘できなかった市の詰めの甘さをおわびします」と述べ、議会への報告が遅れたことなどを陳謝した。

 大阪維新の会は市側のミスを指摘した一方で、民間病院が運営できる体制を整えるよう求めた。公明党は、民間病院で見込まれる売り上げに対する市の補助率が高いことなどを指摘し、「市の補助金なしでは病院はつぶれる。地域医療の担い手になれるのか」と非難した。

 自民党は、大阪市南部保健医療協議会(知事の諮問機関)が、民間病院が開業までに規定の医師数を集められなければ撤退し、別の病院を誘致するよう市に求める決議をしたことを受け、誘致計画の練り直しを要請。共産党は計画を白紙撤回し、公営での運営継続を求めた。吉村洋文市長は「医療空白を生じさせないためにやむを得ない。これがベターな策だ」と述べ、協議は平行線をたどった。

 病院をめぐっては、開業が遅れる間の小児周産期医療を確保するため、民間病院が閉鎖後の既存施設で運営し、この間の赤字を市が公金支出でまかなう支援策をまとめていた。