東京五輪

ゴルフ会場女性会員問題 埼玉県知事「IOC意向尊重を」 霞ケ関CC理事長は困惑 

報道陣の取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=1月31日、埼玉県議会
報道陣の取材に応じる霞ケ関CCの木村希一理事長=1月31日、埼玉県議会

2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ケ関CC(埼玉県川越市)が女性を正会員に認めていないことで国際オリンピック委員会(IOC)から改善要求が出た問題で、埼玉県の上田清司知事は31日、定例会見で「CCや会員がどう受け止めるかということだ」としつつ、「(IOCの)希望をかなえるべきだと思う」との見解を示した。一方、上田知事を同日訪問した同CCの木村希一理事長は報道陣に「急な話で大変困惑している」と述べた。(菅野真沙美)

この問題では、丸川珠代五輪相が同日の閣議後会見で、「できるだけ早く判断してほしい」と早期の改善を要望している。

木村理事長の訪問は、五輪に向けた改修工事終了などの報告が目的。上田知事とのやりとりで女性会員問題は話題に出たが、「規則の変更などの話はしていない」と説明した。

IOCの改善要求については「われわれはあくまでプライベートのクラブとして運営しているので、会員の皆さんと相談する必要がある」とし、選考段階でCCの定款などを提出したことに触れ、「これまで何の問題提起もなかった」と戸惑いの表情を見せた。