スポーツの舞台裏

鉄人・室伏塾がオープン オリックス吉田がパワーに脱帽…「金メダルメソッド」をスポーツ界に還元へ

けがをしないことの重要性

 多忙を極める中、トレーニングの開発にも意欲的に取り組んでいる理由は、これからのスポーツ界を担うアスリートに自身の知識を還元したい思いがあるからだ。

 「アスリートが少しでも長く競技を続けるにはどうしたらいいか、(トレーニングを)体系化していきたい。けがをして(競技人生が)終わってしまうのは本当に悲しいことですから」

 筋力アップを図ろうと重い負荷を追求するばかりでは故障のリスクを伴う。バランスよくあらゆる方向から鍛えることで、体は丈夫になっていくと説く。極限の負荷がかかるハンマー投げを40代まで続けながら、一度も手術をしたことがないという鉄人。吉田正に続き、探求心と向上心にあふれる有望株が室伏塾の門をたたくことになるかもしれない。

会員限定記事会員サービス詳細