千葉大生集団乱暴

医学部生の1人、初公判で無罪主張「合意の上だった」

【千葉大生集団乱暴】医学部生の1人、初公判で無罪主張「合意の上だった」
【千葉大生集団乱暴】医学部生の1人、初公判で無罪主張「合意の上だった」
その他の写真を見る (1/3枚)

 千葉大医学部生らが女性に集団で乱暴した事件で、集団強姦の罪に問われたいずれも千葉市中央区の医学部5年、吉元将也(23)、山田兼輔(23)両被告の初公判が31日、千葉地裁(吉村典晃裁判長)で開かれた。罪状認否で吉元被告は「女性は酩酊(めいてい)しておらず、合意の上だった」などと無罪を主張。山田被告は「集団強姦は認めるが、吉元被告と事前に共謀していない」などと起訴内容を一部否認した。

 一方、準強姦罪に問われた医学部5年の増田峰登被告(23)=同区=についても、別の裁判としてこの日初公判が同じ法廷で開かれ、増田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状などよると、吉元、山田両被告は昨年9月20日深夜、共謀して千葉市の飲食店の女子トイレ内で、県内に住む20代の女性を乱暴。増田被告はその後、飲酒で酩酊し抵抗できない状態となった女性を近くの自宅に連れていって乱暴を加えたとしている。

 事件をめぐっては、千葉大病院の研修医、藤坂悠司被告(30)=同区=も準強制わいせつ罪で起訴されている。

会員限定記事会員サービス詳細