WOMEN

狩りガール雪の中…猟銃握り「命の重み実感」

【WOMEN】狩りガール雪の中…猟銃握り「命の重み実感」
【WOMEN】狩りガール雪の中…猟銃握り「命の重み実感」
その他の写真を見る (1/4枚)

 狩りガールと呼ばれる若い女性の猟師が注目されている。シカやイノシシなどによる農作物被害を防ぐため、猟期(11〜3月)の今は雪の中でも山に入って猟銃を握る。猟師の高齢化が進むなか、頼もしい存在なのが京都のNPO職員で猟師の林利栄子さん(28)だ。命の素晴らしさ、動物を食べることのありがたさを子供たちに伝える-。「それが、私たち女性猟師の役割かもしれません」と力を込めた。

 1月22日の日曜。林さんは、所属する上鴨猟友会の仲間と8人で、雪が積もる京都府南丹市日吉町の猟場に向かった。「勢子(せこ)」と呼ばれる動物を追い込む役目の猟師が猟犬を連れて先に山に登り、林さんたち「待子(まちこ)」は猟銃を担いで決められた場所に待機。ひたすら逃げてくる動物が来るのを待つ。

 「寒さの中で気配を消すのはたいへんだが、とても気分が落ち着く。忙しい都会暮らしに比べると、自然の中で静かにしている時間はとてもぜいたくにも感じます」と林さん。

会員限定記事会員サービス詳細