衝撃事件の核心

赤信号で停車中なら操作していいのか!? ポケモンGO死亡事故、猶予判決を求めた男の弁明に司法判断は…

「停車時にポケモンGOを操作して、きちんと(周囲を)確認することに気がいかなかったのでは」

「停車中でも危ないと思わなかったのか」

「ミニバイクに気づかなかった原因は」

文字通り運転している最中はポケモンGOをしていないというのが被告側の立場。だが検察側は、そこに真っ向から反論するのではなく、停車中も含めて大型クレーン車に乗っている「運転中」の安全意識を問題にしているようだった。

「捕まえようとするわけですよね?」

検察側の追及に対し、「当時は止まっているときならある程度、大丈夫だと思っていた」と答えた被告だったが、検察側がこうした側面から被告を追及した背景には、ポケモンGOというゲームの特性があると考えられる。

ポケモンGOは、アプリを起動して町を歩き回るなどしているとポケモンと遭遇し、これを捕獲するというもの。「動いている」ことがゲームにとって重要なポイントなのだ。

被告人質問では、裁判官もここを重視しているようだった。

「携帯をハンドルの隣の速度メーターがあるところに置いて、(大型クレーン車内の)安全確認用モニターがそばにある。ゲームがあると気が散るんじゃないか」

「見たことのないモンスターが出てくると捕まえようとするわけですよね。そうすると気が散るんじゃないか」

裁判官から問いただされた被告は、あくまでこう主張した。

「(運転中はポケモンGOは)見ていない」

「そこまでゲームの方に気はいっていなかった」

会員限定記事会員サービス詳細